2015年09月21日

つわりの時期のサプリメントや牛乳

つわりで食欲がない時期にでも、とにかく何か栄養摂取をと考えて、サプリメントを検討される方もいらっしゃるようです。
サプリメントだけに依存しないように留意してください。
苦しいでしょうが、栄養は食事からを主にして、サプリメントは補助的にと考えてください。
サプリメントを検討する際には、成分を注意深く確認してください。
妊娠初期にビタミンAを摂取しすぎると、赤ちゃんに先天性の奇形をもたらす事がありえます。
サプリメントでビタミンAを過剰に摂取しすぎないように、含有量に十分留意してください。

それから、牛乳を摂取しすぎると赤ちゃんがアトピーになるのではと心配される方もいらっしゃいます。
過剰摂取はよくありませんが、妊娠中の食べ物はアトピーへの影響はあまりないというのが最近の定説です。
卵や牛乳には、タンパク質や鉄分やカルシウムが豊富に含まれています。
バランスよく摂取するようにしてください。


もうひとつ。
鉄剤を飲むと胃がムカムカするという方もいらっしゃいます。
こういう場合には、主治医に相談してください。
体質次第で、便秘になったり下痢をしたり胃が荒れて炎症を起こすこともありえます。
胃薬を併用するとか、薬はやめて注射に替えてもらうとか、いくつか選択肢があります。
医師と相談して、適した方法を探してください。





posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | つわりの対処 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月19日

妊娠中の口臭について

妊娠してから、自分の口臭が気になるようになったという方も意外といらっしゃいます。
妊娠中はホルモンバランスの関係で、生理的に唾液の量が減ります。
そうなると、口の中が酸性になりやすい傾向があります。
酸性になると、虫歯菌や歯周病菌が増えやすくなります。
歯垢ができると口臭の原因になります。

口臭予防のためには、一般的ですが
食後の歯磨きやうがい以外に、
1)よく噛んで食べる
2)食後に水を飲む
こういった事を地道にやっていきましょう。

posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安解消Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

つわりの症状がなければスポーツしていいか

つわりがなくても、妊娠中の母体は不安定です。
体調が落ち着く妊娠15〜16週くらいまでは、控えたほうがいいかもしれません。
妊娠していることを自覚して、体をいたわって活動してください。
体調が落ち着く時期にも個人差はありますが、体調が落ち着いたら、妊娠中の適度な運動として、マタニティスイミングやマタニティビクスなどがあります。
妊娠中に可能な適度な運動として有効です。
でも、そういう運動の場合にも、医師の許可を得てから楽しんでください。



posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安解消Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

引越する際の母子手帳のこと

妊娠中に引越をすることになった場合、母子手帳は今の住居と転居先のどちらでもらうのか、ご存じない方もいらっしゃるかなと思って書いてみます。
母子手帳は、転居前の市町村の役所で取得したものを使ってください。
母子手帳の内容は全国ほぼ共通なので、転居先でも今まで使っていたものを使っていいでしょう。
ただ、例外もあるかもしれません。
転居先の各市町村の母子保健担当窓口へ行き、転居したことを伝えて、保健サービスについて説明を受けてください。


posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母子手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

風疹の予防接種を受けていなかった

風疹の予防接種を受けていなかっ・受けていたかはっきり思い出せない。
そういう場合は、抗体があるか調べたほうがいいです。
抗体がなかった場合は、風疹に感染しないように心がけて妊娠期間中を過ごしてください。
妊娠初期に風疹を発症することは、かなりリスクがあります。
1)流産の可能性が高まる
2)白内障や難聴などの障害を持った赤ちゃんが生まれる可能性がある

まずは風疹抗体検査を受診する事が、不安解消に役立ちます。
検査の結果、抗体がなかったら、人ごみへの外出を避けるなど、感染に十分注意してください。

posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠初期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

初めて内診を受けるときのコツ

独産婦人科へ受診したことがなく、妊娠を確認するために初めて受診することになった。
そういうけーすでは、緊張されるのも無理はないと思います。
初受診で内診を上手に受ける際のコツを紹介しておきます。
意外と簡単です。肩の力を抜いてください。
これだけでかなり違います。
緊張感を完全になくすのは無理かもしれませんが、できるだけ肩の力を抜いてリラックスしてください。
少し詳しく述べると、
背もたれにゆっくりともたれて、軽く深呼吸して、肩の力を抜いてください。
それでもドキドキしてしまう際には、ゆっくり深呼吸してください。
そして、息を吐くことに集中すると落ち着けますよ。

posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠初期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

妊娠中はコーヒーは控えたほうがいいか

コーヒーが大好きなのですが、妊娠中は控えたほうがいいですか?という質問も意外とあります。
結論としては、1日2〜3杯くらいにとどめておいてください。
コーヒーなどに含まれるカフェインは、胎盤を通して赤ちゃんへ移行します。
飲みすぎると、妊婦さんの不眠の原因になるかも。
1日2〜3杯ていどならば問題はありません。
でも、できれば、ミルクを加えてカフェオレにして飲むとか、ノンカフェインのコーヒーを飲むなどして、カフェインを減らす工夫はしてください。

posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠初期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

妊娠初期の不安のこと

アレルギー性鼻炎の点鼻薬を使っているときに妊娠してしまい、不安を感じるとの質問を受けました。
アレルギー性鼻炎の点鼻薬は、内服薬に比べると吸収される成分が少量です。
赤ちゃんに影響することは、ほとんどないといっていいでしょう。

ただ、妊娠中はなるべく花粉やほこり等を吸い込まないようにしてください。
我慢できないときには、産婦人科で薬を処方してもらうか、妊娠していることを告げて、耳鼻科で処方してもらってください。


妊娠を自覚していない時期に、健康診断でX線写真撮影を受けたことを不安に感じる方もいらっしゃいます。
腹部X線写真をたくさん撮影した場合やCT検査を受けた場合は、撮影時期や枚数によっては、赤ちゃんへの影響が心配される場合もあります。
しかし、一般的な健診の場合は、線量が少なめなので、問題になることはないでしょう。
それでも心配であれば、受診先にX線の線量を確認し、その数値を主治医に告げて判断してもらってください。

妊娠初期で、まだ妊娠についての知識が不足している時期には、いろんなことが気になると思います。
感じた不安や疑問は、医師に質問して不安を解消して、心を安定させて妊娠生活をお過ごしください。
posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠初期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

妊娠中の奥さんへの配慮D

奥さんのお腹が大きくなる妊娠末期には、ご主人のサポートが不可欠です。
重い荷物の持ち運び・腰やお腹に負担がかかる家事、例えばお風呂掃除や掃除機がけといったことをご主人が担当されると、奥さんはとても助かるでしょう。

立会い出産をされる場合には、以下のようなことをしてあげてください。
1)背中や腰のマッサージ
2)優しい言葉かけ
3)手をつないであげる

また、出産後は子育てがありますから、ご主人の家事分担は増やさざるをえなくなります。
妊娠後期から家事をやることに慣れ始めておくと、後々その経験が役立つと思います。
posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お父さんになる方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月23日

妊娠中の奥さんへの配慮C

奥さんが妊娠中に、ご主人にやめてほしいと思う事をいくつか紹介します。
1)タバコ
間接喫煙もお腹の赤ちゃんに悪い影響が出る可能性があります
どうしても禁煙できない場合でも、家の中での喫煙は控えてください。
2)残業
できるだけ早く帰ってあげてください。
3)心無い言葉
「すごい腹」とか、冗談でも言っちゃだめです。
4)奥さん任せ
お産の方法や育児用品選びなど、出産に関係することの相談にも、きちんとのってあげてください。

平日に休みがあるご主人の場合は、母親学級へ奥さんと一緒にいくと、妊娠や出産・子育てについて理解できます。
恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが、大事なことです。
父親になる実感もわくし、抱っこや授乳を練習しておくことは、子育ての本番にきっと役立ちますよ。

posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お父さんになる方へ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。