2013年11月16日

臨月に風邪をひいてしまった

臨月に風邪を引いてしまった場合、薬の心配もあり、我慢される人も多いと聞きます。
赤ちゃんに影響がない薬を飲んで、一日も早くよくなることが肝心です。
薬を飲まないなどの我慢を重ねて、風邪をこじらせてしまうことの方が、もっと心配です。
大切な時期なのに、体力が落ちてしまいます。

風邪薬は、市販のものはやめてください。
必ず、医師が診察して投与してくれたものを飲んでください。
また、盲点かもしれませんが
妊娠中の風邪は、内科でなく産婦人科で診てもらってください。
月数や赤ちゃんの状態を診ながら処方してもらえます。




ラベル:臨月 風邪
posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨月のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

妊娠末期の抜歯

妊娠38週の方に、親知らずが痛いので抜歯したいが、それで陣痛が始まることはありませんか?と聞かれたことがありました。

もしそうなったら、産科と歯科の先生によく相談して、指示に従ってください。

妊娠中は体の血液の量が増え、赤ちゃんを発育させるように変化しています。
だから、妊娠していない時よりも抜歯の際の出血は少し多いでしょう。
抜歯後に抗生物質を使うようならば、赤ちゃんに害がないものを処方してもらってください。

なお、抜歯の刺激が原因で陣痛が始まるようなことは通常では考えられません。
そこは心配しないで大丈夫です。


posted by サック at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨月のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月30日

臨月に痔になってしまった

臨月に痔になってしまい、うまくいきめるか不安を感じる方もいらっしゃいます。

お産の際には医師や助産師が肛門を押さえていてくれます。
心配せずにいきんでください。
妊娠がきっかけとなった痔は、分娩後2〜3週間もすれば、8割くらいは自然治癒しているようです。
臨月に痔になってしまったら、便秘しないように食事には気を配ってください。
あまり痛い場合には、医師にも相談してください。

妊娠月数が進むと、骨盤内の血液循環悪化などで痔になる事があります。
なりそうだと感じたら、早めに座薬や軟膏を用いた方がいいでしょう。

posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨月のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月01日

早産になりそうであれば

妊娠24から36週までのお産が早産です。
早産になりそうであれば、そのことを病院で告げられると思います。
その際の日常生活では、安静が大切です。
極論ですが、
掃除洗濯などの家事は、気になってもさぼって、炊事もご主人かご家族に任せて安静を続けてください。
妊娠9ヶ月めに入れば、赤ちゃんの肺の成熟度が高くなりますから、子宮の外で生きていける率も高くなります。
でも油断せずに、なんとか10ヶ月めまで頑張ってください。
状況によっては、入院して安静に過ごすことをすすめられるかと思います。

早産の事前の兆候である出血や異常なお腹のはりがあった場合には、電話ですぐ医師に相談してください。
posted by サック at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨月のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月14日

臨月の残尿感

臨月には、赤ちゃんの頭が骨盤の中に入り込んで膀胱を圧迫しがちです。
そのため、尿がほんの少し溜まっただけでもトイレに行きたくなります。
また、トイレに行っても軽い残尿感がありがちです。

妊娠末期であれば週に一度は検尿するでしょうから、問題があれば、医師から何か指摘されるはずです。
だから、あまり心配し過ぎないでいいでしょう。

ただ、残尿感がひどい時は、要注意です。
膀胱炎も考えられます・
気になる場合は病院へ行ってください。
posted by サック at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨月のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

臨月の外出で注意することは

ゴールデンウィークは、あちこち混雑するでしょうね。
臨月の外出は、混雑や渋滞に巻き込まれないようにしてください。

臨月であっても、全く外出しないで暮らすことは難しいですね。
外出時には、破水・陣痛・おしるし等が起こった場合に備え、1時間以内に帰れる距離までの外出にとどめることに注意してください。
公共交通機関を使う場合には、混雑する時間帯は避けたがいいでしょう。
自家用車での外出の場合は、交通渋滞に巻き込まれないようにしてください。

今は、ネットで渋滞情報も調べやすくなりましたね。
参考までに、日本道路交通情報センターのサイトです。
http://www.jartic.or.jp/
posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨月のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

臨月に入ってから眠くて仕方がない

臨月の眠気が、家事の合間につい休んでしまったり、眠ってしまったりと言う程度であれば、心配ないでしょう。
赤ちゃんが生まれたら、うとうとする暇もなくなってしまいます。
今のうちに寝ておこうと割り切っておく方がいいかも。
お腹に入っている、赤ちゃんを支えなくてはならないのです。
筋肉も緊張するし、体がだるくなっても不思議はありません。

もちろん、臨月でも軽い運動は必要ですので、洗濯や掃除は、体が少しだるくてもやったほうがいいです。
ただ、そういう軽作業も無理なくらい、だるかったり眠かったりする場合は、それが病的なものでないか、念のために診察してもらった方がいいでしょう。
posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨月のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。