2014年07月19日

産後の体重のこと

妊娠中の体重は、8〜10キロ増えるのが理想的です。
出産後は、6週間くらいでもとの体重に戻す努力をしてください。
(遅くとも、半年以内には、もとの体重に戻すのが目安です)

出産がきっかけで肥満気味になり、体重が戻らないうちに次の妊娠をして、雪だるま式に体重が増えることになりかねません。
次の妊娠時の合併症を少なくする意味でも、通常体重に戻してから次の妊娠に臨むようにしてください。

また肥満は、中年期の高血圧・動脈硬化・糖尿病などの原因になりかねません。
このことにも留意して、体重を戻す努力をしてください。






posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産後の産褥期のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

産後の月経開始・ホルモンのこと

月経の再開は、産後3ヶ月で60%・6ヶ月で80%の人にみられます。
母乳を飲ませている人は、開始がやや遅れるのが一般的です。
授乳中は妊娠しないというのは俗説で論拠はありません。
最初の月経があるまでは、いつ排卵があるかわかりません。

また、女性ホルモンは産後一週間で急激に変化します。
この変化がマタニティブルーの原因にもなりえます。
このことを心得ておくと、何かの予防になるかも。

それから、産後の悪露の手当てのことも。
排尿・排便の後に紙で処理するだけでは不十分です。
消毒を悪露がなくなるまで続け、清潔を保ってください。

posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産後の産褥期のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

産後にかかりやすい病気とその症状

産後は体調回復を十分意識されてください。
産後にかかりやすい病気とその症状をまとめてみます。

子宮内感染症
  悪露が赤い
  悪露がにおう
  熱っぽい感じがする・発熱した
  腰やお腹が痛い
膀胱炎
  排尿痛がある
  残尿感がある
  頻尿
  尿が濁ったり赤くなる
腎盂炎
  尿が濁る
  血尿が出る
  発熱する
  背中や腰が痛い
貧血
  息切れがする
  疲れやすい
  顔色が悪い
  頭痛がする
妊娠中毒症後遺症
  頭痛
  むくみ・だるさ
  血圧が高い
  尿量が少ない
  目がチラチラする
乳腺炎
  熱っぽかったり発熱する
  お乳にしこりができる
  お乳がはれて痛い
  お乳の表面が赤くなる

以上のような症状の場合、早めに受診されてください。
posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産後の産褥期のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

産後の生活の目安

産後の生活の目安を書いてみます。

産後1週間目
  分娩後24時間は安静にしてよく眠る
  育児指導を受け、赤ちゃんの世話に慣れる
産後2週間目
  時間がとれればすぐ休めるような生活を心がける
  (布団は敷いたままにしておいていいかも)
  授乳やオムツの交換は自分で行う
  家事はなるべく、ご家族にやってもらう
  (家政婦さんにお願いすることも)
産後3週間目
  疲れたら横になるようにする
  赤ちゃんの沐浴やオムツの洗濯を自分で行う
  軽い家事で体を少しずつ慣らしていく
産後4週間目
  短時間ならば外出もOK
  力仕事以外の家事は、ほとんど可能
  赤ちゃんが寝ている間は、昼間でも自分も寝た方がいい
産後5〜8週間
  夜中の授乳があるうちは、睡眠不足にならないように昼寝をする
  自分の時間が持てるように工夫する
  外出・家事が産前と同じようにできるように慣らしていく
  職場復帰する場合は、その準備も。


目安はこんな感じです。
でも、個人差があります。あって当然かも。
頑張りすぎたり、悩みすぎたりしないように心がけてください。

posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産後の産褥期のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

マタニティーブルー

マタニティブルーという言葉が一般的に使われるようになって、もう20年以上経過しました。
以前は産後のことといえば、体の回復のことだけが重視されていました。
マタニティブルーの心の問題は、周りに相談する人がいない場合は、かなり思いつめてしまうかも。

育児が想像していたよりずっと大変(こんなに大変だとは思わなかった)
優雅な独身の友人がうらやましい。
夫は何もわかってくれない
思い通りに家事をこなせずイライラする
一日中赤ちゃんと一緒なのに孤独を感じる
このまま社会から取り残される気がする

こんな思いを抱える方もいらっしゃいます。
でも、そういったことも乗り越えて、本当の意味での「お母さん」になっていかれるのだろうと思えます。

いろんな話ができるママ友つくりは大事です。
アフタービクスなどがそのきっかけとなる場かな。
posted by サック at 08:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産後の産褥期のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。