2012年08月30日

会陰切開のこと

出産時に赤ちゃんの頭を通すため、会陰はぎりぎりいっぱいまで伸びます。
伸びた会陰が切れないように、助産師さんは手のひらで押さえて保護しますが、それでも、会陰が上手く伸びなかったり、いきみがうまくいかないと裂けてしまいます。
初産の場合は、前もって切開しなくても7割以上の人は自然裂傷してしまうといわれています。
程度には個人差がかなりありますけどね。
自然に裂けると会陰の弱い部分が切れるため、肛門や直腸まで傷ついてしまうこともあります。
また、自然にできた傷はギザギザと不規則な傷になりやすく、縫合も難しくなります。
当然、治りも遅いでしょう。
そこで、前もって会陰切開ほうが、傷の治りがよいというわけです。
感染の心配も少なくなります。
また、分娩第二期の時間が短くなり、お母さんの負担も赤ちゃんの負担も少なくなります。
経婦の場合は、初産に比べて会陰の伸びがいいので、20〜30%は切開しないで出産できるようです。




posted by サック at 14:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産時の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

会陰切開のこと2

お知り合いから会陰切開の傷が痛んで辛かったと聞いて不安になる方もいらっしゃいます。
会陰切開はできるだけ避けたい旨は医師へ伝えておいたほうがいいでしょう。
しかし、必要がなければ無理に切る医師はいないと思ってください。
医師は母子の安全を第一に考えて対応します。
信頼してください。

また、会陰切開をなるべく避けたいのであれば、太り過ぎないように注意してください。
出産時には、会陰に無理な力が入らないようにリラックスする事が大切です。

posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産時の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

どんどん歩くとお産が早まるって本当か

歩くのはいいことですが、あまり無理せず散歩程度にしておきましょう。
言うまでもありませんが、靴はかかとが低いものを必ず履いて下さい。

妊娠9ヶ月ごろだとそうでもありませんが、予定日間近になれば歩く事がお産を促す刺激になることはあります。
少しの運動でも産気づくことはあります。
予定日を過ぎた妊婦さんにどんどん歩いてと指導している病院もあるそうです。
出産時も比較的体を動かせる分娩第一期のうちは歩いて気分転換を図って分娩を促進することも。
ただ、無理は禁物です。

posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産時の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

帝王切開は連続するか

1回目の出産が帝王切開だった人は2回目もそうなることもあります。
ただ、帝王切開になった原因や手術後の経過次第で、2回目が帝王切開になる可能性はかなり違ってきます。
骨盤が狭い等の体格的な理由の場合は、次回もそうなる可能性が高いでしょう。
しかし、前置胎盤や逆子が理由だった場合は、次は自然分娩で生める可能性が高まってきます。
ラベル:帝王切開
posted by サック at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産時の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

難産は遺伝するか

太りすぎや骨盤が狭いために難産になるケースがあります。
だから、難産が遺伝するといわれるのでしょうかね。
たしかに、体形や骨格などが、お母さんと娘さんでよく似ていらっしゃるのは多々あると思います。
でも、赤ちゃんの額が小さければ、骨盤がたとえ狭くても障害にはなりません。
反対に骨盤が広くても、陣痛が弱いと長引くお産になることがあります。
今は分娩監視装置などにより、お腹の赤ちゃんの様子がすぐわかるようになっています。
何かあれば、すばやく適切な処置をとれます。
妊娠の経過が順調であれば、遺伝するかどうかは、深く気にする必要はないと思います。


ラベル:難産
posted by サック at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産時の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

前駆陣痛と陣痛を見分けるには


陣痛はお腹の張りと似た感じで始まる事が多いようです。
それが規則的に収縮し始め、間隔も短くなり、痛みも強くなってくると本格的な陣痛です。
最初は30〜15分間隔でお腹が張り始めます。
徐々に間隔が狭くなり、10分間隔になると陣痛と思ってください。
前駆陣痛は、陣痛の前触れですが、陣痛と違って不規則な収縮です。
そこで区別してください。
すぐに本格的な陣痛が来るとは限りません。
人によっては出産まで数日かかることもあります。
だから、あわてないでください。
焦って病院へきて、また自宅へ戻ることになる妊婦さんもいらっしゃいます。
不規則な収縮が始まっても、また間隔が遠のくこともあります。
陣痛かなと思ったら、時間を正確に測るように心掛けてください。
ラベル:前駆陣痛
posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産時の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

スピード出産で救急車を呼ぶことになったら


基本的に、救急車は急病人のために使うべきですから、むやみに使わないのが原則です。
その前提のもとにお話します。

大出血や激しい陣痛があれば急病人と同じです。
お産が急に進んで生まれそうになったのに交通手段がない場合も、一刻を争いますから呼ぶことになるでしょう。

万が一、救急車も間に合わないようなスピード出産の場合は、えてして軽いお産が多いものです。
赤ちゃんが出てしまった場合は、赤ちゃんの体が冷えないようにタオルなどでくるみ、救急車の到着を待ってください。
胎盤は自然に出ますし、その他の処置は救急隊員に任せるか、あるいは病院に到着してからでも大丈夫です。
急なことにびっくりするでしょうが、できるだけ落ち着いて対処してください。

ラベル:スピード出産
posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産時の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

出産準備

入院に必要な荷物は分けてまとめておくと、陣痛が始まりそうなときに、あわてずにすみます。
入院してすぐ必要なもの (診察券や保険証など)
出産してから使うもの  (寝巻きや洗面道具など)
退院までにあればいいもの(赤ちゃんの服など)
この3つに分けておくといいでしょう。
陣痛が起きた際には、入院してすぐ必要なものだけを持って病院へ向かってください。
あとは、順次誰かに持ってきてもらえばいいでしょう。

ご主人の連絡先や病院の電話番号を書いたメモも、関係する人にあげるのが容易なように複数作っておいてください。

初産でない場合は、上のお子さんの預け先も事前に決めてお願いしておきましょう。
病院へはタクシーで行くほうが安全です。
渋滞もありえますから、どれくらいの時間で病院へいけるか、予め確認しておきましょう。
すぐ連絡できるように、タクシー会社の電話番号も控えておいてください。

ラベル:出産準備
posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産時の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

陣痛が始まったと思ったら

陣痛が始まったと思ったら、入浴や食事は控え、早めに病院へ行くことを心掛けてください。
陣痛は突然激しい痛みとともに始まるわけではありません。
軽い生理痛やお腹の張りのようなものから始まり、徐々に規則的な痛みになって行きます。
初産の場合の目安は、規則的な痛みが10分間隔になったら病院へ連絡し入院してください。
歩けないほどひどい痛みではないはずです。
だから一人でも病院へ向かう準備はできるはずです。
経産婦さんはお産の進行が早いので、陣痛が15〜20分間隔になったら、病院へ連絡してください。
準備を整えておくと、焦らずにすぐ入院できます。

posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産時の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

破水とお小水の区別


破水とお小水の違いを見分けるコツを。
お小水は自分で止めようと思えば止められますが、破水は自分の意思では止まりません。
匂いも違うのでわかると思います。
破水の際に出てくる羊水は、見ただけで区別するのは難しいかもしれません。
青かったり、米のとぎ汁のように白っぽく濁っていたりします。
赤ちゃんの胎盤が剥がれた白いブツブツが混じっていることもあります。

多くの妊婦さんは、いつものお小水と違うと感じて病院へ来られます。

もしどちらかわからない場合は、病院へ行き、検査をしてもらえば、すぐ区別がつきます。
その際には生理用ナプキンを当てて病院へ向かってください。
但し、リトマス試験での検査ができなくなるので、ドライタイプのシートは避けてください。

検査で破水とわかった場合は、赤ちゃんへの感染予防のために抗生物質を投与するなどの処置を行います。

posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産時の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。