2012年05月14日

腰痛は流産の兆候か

妊娠初期に腰痛になり、流産を心配する方もいらっしゃいます。
稀に腰痛が流産の予兆だったりもしますが、出血していなければ大丈夫でしょう。

妊娠する前の子宮の大きさは鶏卵くらいです。
妊娠9週くらいだと、ガチョウの卵くらいになります。
子宮が大きくなった分、周りの組織が圧迫されることもありますし、子宮の充血もあり、後屈気味だとそれが尚更、ウッ血となり、腰痛として現われます。
妊娠4ヶ月を過ぎて子宮が上にあがると楽になる人もいらっしゃいます。
ただ、お腹の張りが強い時の我慢は禁物です。
すぐ横になりましょう。
入浴時にはぬるめのお風呂にゆっくり入り、腰を暖めると楽になります。
就寝前には、ご主人に腰をマッサージしてもらうと、尚更いいです。


ラベル:腰痛 流産
posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠初期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

妊娠中に母乳を与えてもいいか

お子さんに授乳している時期に次の岡ちゃんを妊娠されることもよくあるあります。

妊娠中に授乳で乳首を刺激すると、子宮が収縮します。
それが流産の原因になることもあります。
だから、妊娠中に母乳を与えるのは、止めた方がいいです。

かわいそうかもしれませんが、上のお子さんへは断乳したほうがいいでしょう。
そうすると、上のお子さんがやきもちを妬いて来るかもしれません
一緒に歌を歌ったり、いろいろ工夫して接してください。
一時的には上のお子さんが欲求不満になるかもしれませんが、すぐ落ち着いてくると思います。
断乳の際には中途半端は禁物です。
きっぱり断たないと、再挑戦の際は前回以上に手こずりそうですよ。
ラベル:妊娠中の授乳
posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠初期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

妊娠初期の不安のこと

アレルギー性鼻炎の点鼻薬を使っているときに妊娠してしまい、不安を感じるとの質問を受けました。
アレルギー性鼻炎の点鼻薬は、内服薬に比べると吸収される成分が少量です。
赤ちゃんに影響することは、ほとんどないといっていいでしょう。

ただ、妊娠中はなるべく花粉やほこり等を吸い込まないようにしてください。
我慢できないときには、産婦人科で薬を処方してもらうか、妊娠していることを告げて、耳鼻科で処方してもらってください。


妊娠を自覚していない時期に、健康診断でX線写真撮影を受けたことを不安に感じる方もいらっしゃいます。
腹部X線写真をたくさん撮影した場合やCT検査を受けた場合は、撮影時期や枚数によっては、赤ちゃんへの影響が心配される場合もあります。
しかし、一般的な健診の場合は、線量が少なめなので、問題になることはないでしょう。
それでも心配であれば、受診先にX線の線量を確認し、その数値を主治医に告げて判断してもらってください。

妊娠初期で、まだ妊娠についての知識が不足している時期には、いろんなことが気になると思います。
感じた不安や疑問は、医師に質問して不安を解消して、心を安定させて妊娠生活をお過ごしください。
posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠初期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

妊娠中はコーヒーは控えたほうがいいか

コーヒーが大好きなのですが、妊娠中は控えたほうがいいですか?という質問も意外とあります。
結論としては、1日2〜3杯くらいにとどめておいてください。
コーヒーなどに含まれるカフェインは、胎盤を通して赤ちゃんへ移行します。
飲みすぎると、妊婦さんの不眠の原因になるかも。
1日2〜3杯ていどならば問題はありません。
でも、できれば、ミルクを加えてカフェオレにして飲むとか、ノンカフェインのコーヒーを飲むなどして、カフェインを減らす工夫はしてください。

posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠初期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月11日

初めて内診を受けるときのコツ

独産婦人科へ受診したことがなく、妊娠を確認するために初めて受診することになった。
そういうけーすでは、緊張されるのも無理はないと思います。
初受診で内診を上手に受ける際のコツを紹介しておきます。
意外と簡単です。肩の力を抜いてください。
これだけでかなり違います。
緊張感を完全になくすのは無理かもしれませんが、できるだけ肩の力を抜いてリラックスしてください。
少し詳しく述べると、
背もたれにゆっくりともたれて、軽く深呼吸して、肩の力を抜いてください。
それでもドキドキしてしまう際には、ゆっくり深呼吸してください。
そして、息を吐くことに集中すると落ち着けますよ。

posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠初期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月13日

風疹の予防接種を受けていなかった

風疹の予防接種を受けていなかっ・受けていたかはっきり思い出せない。
そういう場合は、抗体があるか調べたほうがいいです。
抗体がなかった場合は、風疹に感染しないように心がけて妊娠期間中を過ごしてください。
妊娠初期に風疹を発症することは、かなりリスクがあります。
1)流産の可能性が高まる
2)白内障や難聴などの障害を持った赤ちゃんが生まれる可能性がある

まずは風疹抗体検査を受診する事が、不安解消に役立ちます。
検査の結果、抗体がなかったら、人ごみへの外出を避けるなど、感染に十分注意してください。

posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠初期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。