2016年02月09日

上手に里帰り出産をするポイント



遠方に住んでいると、なかなか親子孫が顔をあわせる機会も少なくなります。
だから、里帰り出産には、親孝行の意味もあると思っています。

里帰り出産する場合のポイントは以下のとおりです。
1)里帰り先の産婦人科情報を早めに得る
お友達などに最近出産した人がいないか探してみてください。
そして、そのお友達などに、地元の産婦異人化の評判を聞いてみてはいかがでしょうか。
その産婦人科のホームページもよく見て、方針などを確認してください。
少子化の影響等で出産を扱わずに婦人科だけになっている場合もあるので、早めに情報は収集したほうが安心です。
2)安定期に一度受診してみる
安定期に里帰りして、受診したり見学したりしてはいかがでしょうか。
うちのクリニックも見学を受け付けています。
でも、見学は気が引けるのでしょうか、あまりお申し込みがありません。
遠慮は不要です。
受診や見学で病院スタッフと顔見知りになっておくと、けっこう安心できますよ。
3)遠方からの移動は体に負担がかからない交通手段で、同行者と共に
移動は時間に余裕を持って行ってください。
不測の事態を避けるためには、ご主人かご家族に同行してもらったほうがいいと思います。
車で移動する場合には、血栓症の予防などのためにも、2時間以上同じ姿勢をとらないようにしてください。
こまめにトイレ休憩しましょう。
4)実家に甘えすぎず、ご主人との連絡も密に
パパが出産のカヤの外の存在化するのは、ちとまずいかも。
連絡を密にとって、コミュニケーションがおろそかにならないようにしてください。
それから、適度な運動を心がけるためにも、実家でも親御さんに頼りすぎずに過ごしてください。


posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰り出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。