2015年12月10日

妊娠10ヶ月めの過ごし方B

お産が近づくと、おしるし・前駆陣痛・前期破水等のサインがママの体に現れます。
おしるしは、赤ちゃんを包んでいる膜と子宮の間にズレが生じて起こる少量の出血です。
おしるしがあると数日以内に陣痛がくる事が多いようです。
前駆陣痛は、お産の予行演習みたいな感じの不規則なお腹の張りです。
お産の始まりは10分間隔で陣痛が繰り返してくるようになってからです。
この時点で、必ず産婦人科へ連絡してください。
前期破水は、陣痛が起こる前に粘膜が破れて羊水が流れ出ることをいいます。
破水かどうか不明な場合も、産婦人科へ連絡して、指示を受けてください。


もう一つ覚えておいていただきたい事があります。
予定日を過ぎても焦らないでください。
予定日どおりの出産は、わずか数%です。
赤ちゃんは生まれるための最良の日を待っていると前向きに考えてください。

予定日を過ぎたら頻繁に健診を受けて、胎盤機能を調べたり超音波検査やノンストレステスト(NST)などで赤ちゃんが元気かを確かめます。



posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中の過ごし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。