2015年11月20日

妊娠6ヶ月めの過ごし方@

妊娠6ヶ月めである、20〜23週目頃には、赤ちゃんの骨格が発達していきます。
それにつれて、お腹の中での動きも活発になっていきます。
羊水の中で体を伸ばしたり、手や足を突き出したりします。
手足が子宮壁にぶつかると、ママは胎動を感じます。
胎動の感触は様々です。
魚が跳ねた感じ・腸がぐるぐる動いた感じ・ゴムボートが転がった感じ 等々の感覚があるようです。
胎動があると、赤ちゃんへの愛情が深まるようです。
ご主人にもお腹を触ってもらい、赤ちゃんを感じてもらうと、父になる自覚がわいてこられるかもしれません。

この時期には、ママのお腹が大きくなります。
そうすると、足元がよく見えなくなります。
危険を伴いますから、椅子に座る・階段を上り下りする・ものを拾う 等の動作はゆっくりと行ってください。

子宮底がお臍の高さまで達し、乳腺も発達します。
体の重心のズレやお腹の重みで腰痛や背中の傷みがでやすくなります。
ふくらはぎの筋肉が疲労して、足がつりやすくなります。
そういう辛さもあるかもしれませんが、胎動をはっきり感じる喜びもあると思います。

マタニティライフを楽しんでください。



posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中の過ごし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。