2015年09月28日

歯科検診

つわりの時期には、歯磨きが不十分になりがちです。
妊娠中はホルモンバランスの影響で
口の粘膜が充血する
唾液の分泌量が減少する
といった変化が起こりやすくなります。
それが原因で、虫歯や歯周病菌が増えたりすることがあります。
また、それらの菌によって歯垢がたくさん作られるため、口の中がねばねばした感じになることもあります。
つわりが終わったら、食後の歯磨きを丁寧に行ってください。
口の中をできるだけ清潔に保つようにしましょう。
また、歯のトラブルに気がつくのが遅れて、診断された時にはかなり悪化している場合もあります。
妊娠中期のうちに、一度は歯科検診を受けて置いてください。

それから、虫歯の治療をする際には、妊娠中である事を歯科医に告げてください。
治療時に使う麻酔薬などを、妊娠していることを考慮して選んでもらいましょう。


posted by サック at 08:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中の過ごし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。