2015年07月28日

母子手帳の内容A

今日も母子手帳のことを書きます。

2)体重測定
妊娠初期に、つわりで体重が増減していないか
妊娠中期に、急激に変化していないかを調べます。
1週間に500g、1ケ月で2kg以上増えてむくみがある場合は要注意です。
必要以上の体重増加は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病や難産につながる心配があります。
妊娠後期には、妊娠前より7〜10kgの増加が目安です。

3)血圧検査
妊婦さんの最高血圧は100〜130mmHgで、最低血圧は60〜80mmHg程度です。
上が140以上、下が90以上の値の場合は心身高血圧症候群の疑いがあります。
血圧がやや高めの人は医師の指示に従って、減塩を心がけてください。

4)腹囲測定
妊娠4ヶ月め以降に行います。
おへその位置でメジャーを巻き、おなかの周囲を測定します。
腹囲と赤ちゃんの大きさはあまり関係がないので、あくまでも目安と考えてください。
ママの脂肪のつき具合も確認することになります。
急激な体重の増加には注意してください。




posted by サック at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母子手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。