2015年07月21日

母子手帳の内容@

母子手帳は母子健康手帳の略称で、妊娠中の母体の変化と赤ちゃんの成長を記録するものです。
定期健診のたびに持参して、診察内容や検査結果を医師に記入してもらいます。
最終月経開始日や初診日などはママが書き込む欄です。
疑問や不安・その時々に感じたことなども記録しておくといいでしょう。

定期健診の内容や母子手帳の読み方を知る参考になればと思い何回かに分けて書いてみます。

1)尿検査
尿タンパクや尿糖の値を調べます。
尿蛋白は、妊娠高血圧症候群を早期発見するために検査します。
尿中にタンパクが出なければ(−)です。
タンパクが出た場合は、程度によって(+)や(++)となり、血圧と併せてチェックします。
次回の検査で(−)に戻れば心配要りません。
でも、2回以上(+)が出た場合は詳しい検査が必要になります。
(+ー)は微量なので心配しないでいいでしょう。

尿糖
妊娠糖尿病を早期発見する検査です。
尿中に糖が出ていなければ(−)です。
糖が出ていると(+)で妊娠糖尿病の疑いがあります。
ただ妊娠中は糖が出やすい傾向にあります。
2回以上続けて(+)が出た場合は血液検査で血糖値を調べることもあります。



posted by サック at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 母子手帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。