2015年07月23日

体をいたわりながら少しずつ育児を


里帰り出産には
1)産前は実家でゆったり過ごせる
2)産後は御母さんに助けてもらいながら育児に慣れていける
というメリットがあります。
その一方で
3)御主人と離れ離れになる
4)赤ちゃんを連れて自宅に戻ってからの生活のペースを作っていくのが大変
という場合もあります。
自宅に戻ったら、ご主人不在時には、ママが赤ちゃんの世話をする日々が始まります。
そのことを意識して、里帰り中は御母さんのサポートを受けながらも、赤ちゃんのお世話や身の回りのことは、ママが主体的に行ってください。
でも、無理は禁物です。ぼちぼちと。
産後2ケ月だと、体も完全には回復していないママの方が多いように思えます。
パパと協力しながら家事や育児を行っていってください。
たまには手抜きも必要かと。
しばらくは、授乳・おむつ換え・ねんね等赤ちゃんのペースにあわせて生活することになりますから、パパとの連絡は密にとったほうがいいでしょう。


posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰り出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。