2015年07月12日

助産師とは

助産師は、陣痛から分娩まで、長時間にわたって出産直前の人をサポートしてくれる存在です。
陣痛の際に、呼吸法をリードしてくれたり、痛みを緩和するためのマッサージや体勢のアドバイスをしてくれる存在でもあります。
頼もしい出産のサポーターと考えていいでしょう。
妊娠中の体重管理やマイナートラブル、男性医師には話しにくい悩みやお産に関する不安など、様々な相談にものってもらえます。

定期健診で内診をするのは医師ですが、出産入院後は助産師も内診を行い、分娩の進み具合を確認しながら分娩介助を行います。
でも、会陰切開や帝王切開などの医療行為はできません。

また、産前産後の母乳のケアや母乳分泌に必要な食事の指導など行ってくれます。
母乳の出具合などの相談にも乗ってくれます。
遠慮なく質問したり、苦しいことを告げたりしてください。


posted by サック at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安解消Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。