2015年06月25日

羊水が少な目といわれた

本当に羊水が少ない場合は問題ですが、「少なめ」という場合は、さほど心配しなくていいと思います。
ただ、羊水が少なめな場合は、その後は羊水の量を慎重にチェックしていきます。
決められた健診は必ず受けるようにしてください。
羊水の量は妊娠中に変化していきます。
妊娠8ヶ月め頃がピークで、約800mlと言われています。(個人差があります)
羊水量が100ml以下で病的に少ない場合を「羊水過小症」といいます。
妊娠中期以降の羊水は、その多くが赤ちゃんの尿なのです。
赤ちゃんが羊水を飲み込み、そして羊水を作り出していることになります。
厳密な意味で羊水が少ない場合は、赤ちゃんが赤ちゃんが尿を排出できない事が原因である可能性もあります。
赤ちゃんの先天的な病気・腎臓や尿路系の器官に問題があるケース・発育障害などが疑われます。
陣痛によって、へその尾や胎盤が圧迫されるなどの影響に注意しながらの分娩となるでしょう。



posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安解消Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。