2015年06月02日

前置胎盤だと帝王切開は必須か

前置胎盤は、赤ちゃんが生まれる子宮の出口に胎盤がかかった状態を言います。
子宮口が胎盤でふさがれていますから、赤ちゃんが自然に産道から出てくることは望めません。
つまり、必ず帝王切開でのお産になります。
前置胎盤の場合に気をつけねばならないことは、お腹の張りです。
妊娠中期以降は、子宮の収縮が頻繁に起こりやすくなります。
そのため、子宮の筋肉と胎盤の間にずれが生じて出血が起こる事もあります。
ある程度の時期になると管理入院が必要になる場合が多いので、担当医師とよく相談をしておいてください。
安静を心がけながら、おなかの張りや不正出血が見られないか十分注意して過ごしてください。
帝王切開と聞くと、戸惑いや抵抗を感じる方もいらっしゃると思います。
帝王切開は、ママと赤ちゃんの命を大切と考えて行う手術です。
胸を張って人に伝える事ができる立派な出産方法といえますよ。



posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安解消Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。