2015年06月22日

過去に胞状奇胎になったことがある場合の妊娠

過去に胞状奇胎になったことがあり、今回の妊娠は大丈夫だろうかと不安を感じる方もいらっしゃいます。
医師から許可が出ている場合の妊娠であれば、前の病気が影響する心配はないでしょう。
ただし、必ず医師の指示どうりに検診を受けてください。

胞状奇胎とは、受精卵が異常な発達をしておき、胎盤のもとになる組織が変化していく病気です。
超音波検査や、尿の中のhCGというホルモンを測定する検査で診断されます。
流産後に子宮の内容物のしんだんで見つかることもあります。
胞状奇胎と診断された場合には、子宮の内容物を除去する手術を2回行います。
、極稀にですが、繊毛がんに病変する可能性があります。
慎重に術後の経過を診ていきます。



posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安解消Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。