2015年03月20日

尿検査で糖が出たら

尿検査は、妊婦検診で初期から毎回行われます。
妊娠中に何回も行う尿検査ですから、3人に1人くらいは、糖が出た経験があるでしょう。

妊娠中は体内の血液量が1.5倍に増えます。
血液中の糖は、腎臓でろ過され再吸収されます。
しかし、妊娠しても再吸収できる糖の量は一定です。
そのため、尿に糖が出やすくなります。
特に、妊娠後期はそれが顕著になります。
尿糖の陽性反応が出ても、一過性のものが多いでしょう。

尿糖の検査結果は、濃度によって+の数が最大3つまで表示されます。

検査で2回以上連続で糖が出ていた
検査結果が+++だった
こういった場合は、妊娠糖尿病やその予備軍の疑いが出ますので、血液検査で尿糖値を精密に調べる必要があります。


妊娠前から持病の糖尿病があった場合、特に妊娠初期に注意が必要です。
赤ちゃんの器官形成期である妊娠初期に高血糖状態にさらされると、赤ちゃんの体に影響が出ることもあります。
妊娠前から医師の管理のもとに、血糖値をチェックして妊娠して、早期から血糖値をコントロールしていければ理想的です。





posted by サック at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中の過ごし方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。