2015年02月01日

赤ちゃんの耳の病気

赤ちゃんが不機嫌になったり、耳に触れたら泣き出すときは、外耳炎を疑ってみてください。
これは、外耳道が炎症を起こしたものです。
この症状の場合は、抗生物質入りの軟膏や飲み薬で炎症を抑えます。

38度前後の熱が出て、耳だれが出る場合は、中耳炎の可能性があります。
中耳が炎症を起こして、うみや浸出液がたまった状態になります。
この場合は、安静にして医師にみせてください。
一般的には、抗生物質で炎症を抑えます。
でも、鼓膜を切開して、中のうみを出すこともあります。


こういうこともありえますから、時々赤ちゃんの耳を覗いてあげてください。
耳垢がたくさんたまりすぎていると、耳の穴を塞いでしまって、聞こえが悪くなることもありえます。
耳垢を上手にとれない場合は、耳鼻科でとってもらってください。



posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新生児の病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。