2015年01月25日

婦人科の検診ではどのような事をするのか

一般的には、子宮と卵巣の状態を超音波で確認して、筋腫や内膜症の疑いや卵巣がんの疑いを調べます。
子宮がん検診では、細胞を採って、それを調べます。
(細胞診といいます)

検診は、何歳になったら検診を受けておくべきということは特にありません
でも、現在は、若年層の婦人科疾患も増加しています。、
だから、性交渉の経験がなくても、20歳を過ぎたら定期的に子宮や卵巣の検診を受けられてはいかがでしょうか。
性交渉がある人は、感染症などの予防も含め受診しておくと安心だと思います。




posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安解消Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。