2014年12月26日

停留睾丸と陰嚢水腫

停留睾丸は、睾丸が陰のうまで降りてきていない状態のことです。
陰のうに触れると、そこに睾丸がないので判ります。
この症状の場合、2歳くらいまでは、医師と相談しながら様子を見るのが一般的かと思います。
多くの場合は、自然と降りてくると思いますが、止まっている場合は手術をすることもあります。


陰嚢水腫は、睾丸を包む膜に浸出液がたまる病気です。
陰のうが大きく腫れます。
押すと弾力性があります。
赤みもなく痛みもありません。
たまっている浸出液の量に注意してください。
少なければ自然に吸収されることもあります。
量が多いかなと思った場合は医師に相談してください。




posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新生児の病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。