2014年10月30日

内診せずに産婦人科を受診できるか

産婦人科を受診する際に、内診されることは必須なのでしょうか?

内診の定義は「膣の中の状態を医師が指で確認して診察すること」です。
患者さんには「膣の中から超音波で子宮や卵巣の状態を診ること」だと思われている方もいらっしゃるように感じます。

以下ようなケースでは内診なしで済ませられるでしょう。
1)膀胱炎の薬が必要
2)月経を移動させたい
3)避妊用ピルを臨時処方して欲しい
4)アフターピルを処方して欲しい

でも、内診は殆どの場合に必要になります。
患者さんの身体の状態を正しく知るためです。

多くの場合、診察時には問診の他にエコー装置で超音波を使って膣の中・子宮・卵巣の状態を診ます。

また診察時には問診・内診・必要に応じた検査を行います。
検査は以下のような内容です。
・膣の中から細胞の一部や分泌液(おりもの)の採取
・膣内部の洗浄
・採血(主に腕からの血液検査)


今日の記事は、初めて産婦人科を受診する人の参考になればいいなと思って書きました。


posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安解消Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。