2014年10月12日

生理を避けた受診が望ましいのはどんな場合か

一般的には、以下のような検査等を行う場合は生理を避けた受診が望ましいといえます。

性感染症の検査
感染症治療後の再検査
子宮がん検診
卵巣がん検診
外陰部できものの処置や手術
おりものの検査
避妊用ピルの定期検診

前回のブログでも述べましたが、
診察や検査の内容によって、生理中でも受診が望ましい場合と、生理を避けていただいた方がいい場合があります。
どうだろう?と思ったら、まずはかかりつけの産婦人科へ電話で確認されてはいかがでしょうか。
(うちの電話番号は0968−74−2045です)


posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 不安解消Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。