2014年09月16日

暑い時期と寒い時期の沐浴のこと

季節は秋になりましたが、暑い時期がもう少し続きます。

暑い時期の沐浴は、汗と汚れを落とすことに加えて、体の熱をとり気分をさっぱりさせることも目的になります。

ですから、1日1回に拘る必要はありません。

ただ、あまり回数が多いと赤ちゃんが疲れてしまいます。

3回くらいが限度でしょうか。

本格的に石鹸を使って洗うのは1回でいいと思います。

あとは行水かシャワーで。

お湯の温度は37度程度のぬるま湯でもOKです。


寒い時期には沐浴する場所を暖かくしておく事が大事です。

湯冷めには気をつけてください。

でも、温度には留意が必要です。

意外かもしれませんが、温まりすぎが湯冷めの原因になる事が多々あります。

赤ちゃんが寒いだろうからと、お風呂から出てすぐに服を着せてしまうと、発散している熱を閉じ込めることになり、かえって汗をかきます。

ですから、汗がひくのを確認して衣類を着せるようにしてください。





ラベル:沐浴
posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃんとの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。