2014年08月25日

分娩マヒ

お産のときに胎児の末梢神経が傷つき、筋肉の動きがマヒするものです。
腕を伸ばしたまま動かない。
腕がだらりと下がったまま。
腕を曲げたり上げたりができません。
呼吸が苦しそう・顔色が紫色になる場合は、体の左右にある横隔膜が傷ついて動かなくなっている事が考えられます。
顔面の場合は、麻痺した側の顔の筋肉が動かないために、泣いたときに顔が左右対称にならなかったり、口が歪んだりします。

一般的には生後1ケ月ごろまでに治ります。
でも、ひどい時はマヒが長期間残り、リハビリが必要になることもあります。
その場合は、医師の指示に従って根気よく治療してください。


ラベル:分娩マヒ
posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新生児の病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。