2014年06月01日

会陰切開の縫合が切れる心配は

会陰切開で縫ったところが切れてしまうのではという心配は不要です。
会陰部は、普通に生活している際には、ほとんど張力がかからない箇所です。

とはいえ、便秘してしまって排便のためにいきむと、縫合したところが切れないか不安になるでしょうし、少しは痛むかもしれません。
便秘が心配な場合は、主治医に相談して緩下剤を処方してもらってください。

会陰部の腫れが強く、痛みを伴うこともありえます。
その際には、痛み止めの薬や膣座薬を処方してもらうとよいでしょう。
消毒とシップを兼ねるリバガーゼも効果がありますが、ぬれる感じがいやという人もいます。
試して不快であれば、我慢してまで使うこともないのでは。
血行がよくなれば、痛みも軽くなります。

主治医の許可があれば、積極的にシャワーを使うのもいいかもしれません。


posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 会陰切開のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。