2014年05月07日

くる病にご注意を

気になる報道を見かけました。

くる病:乳幼児に増える 母乳、日光浴不足、食事が要因

くる病の原因は、ビタミンDが極端に不足することです。
ビタミンDが欠乏する3大要因は、母乳栄養の推進・日光浴不足・偏った食事。

これ、対処が微妙です。

ビタミンDをたくさん含む食品はあまり多くありません。
サケなどの魚類、アヒルの肝臓、キクラゲなどでしょうか。
食べ物だけでビタミンDを充足させるのはかなり困難です。

で、「ビタミンD不足の解消は食べ物よりも日光浴で」といわれていました。
しかし、ここ数年はPM2.5が多い日は外に出ない方がよくなっています。

じゃあ、サプリメントで補うかなと思うと、以下の説もあります。
米国FDAが過剰なビタミンDを含む液状の乳児用サプリメントに注意喚起

じゃあどうするか・・・
PM2.5情報をチェックして、大丈夫な日にコマメに日光浴を行うことになりますかね。

ちなみに、乳幼児がビタミンDを食事摂取する一日の目安量は以下のとおりです。

0〜5ヶ月の乳児 2.5μg
6〜11ヶ月の乳児 5.0μg
1〜2歳児 2.5μg




ラベル:くる病
posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 病気のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。