2014年04月23日

搾乳の必要性

搾乳は絶対にやらねばならないのでしょうか?母乳の出が悪いと、もったいなく思えるのですが・・・
こういう質問を受ました。

母乳の出始めのころは、きちんと搾乳してください。
最初のうちは、ママの体は、母乳を一生懸命出そうとしている時期です。
その反面、赤ちゃんは母乳を全部飲みきれていない状態です。
その結果、母乳が乳房に残ったままになるのですが、そのままにしておくとかえって母乳の出が悪くなってしまいます。
次回赤ちゃんが飲む量が作れないかも。

また、搾乳しないでおくと、母乳がたまって、うつ乳状態を起こすかもしれません。
そうなると、細菌感染などを起こし、乳腺炎の原因になりかねません。

ですから、母乳の出が悪い人ほど、搾乳をしっかりやった方がいいのです。

しばらくして、赤ちゃんが母乳を上手に飲めるようになり、それに足りる量の母乳が出るようになったら、飲み残した部位がないかチェックする程度で十分です。
その時期には、搾乳しすぎると乳汁分泌多寡症になってしまうかもしれません。
そのことにも留意しておいてください。


ラベル:搾乳
posted by サック at 15:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 母乳Q&A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。