2014年03月09日

立会い出産の心得・マナー

先ずは、奥さんに対して、支え・励ましてあげてください。
出産の名脇役として、奥さんの安心感が増すようにフォローしてあげてください。
陣痛が強くなってくると、あまり口がきけなくなります。
奥さんは今、何を望んでいるのか、何をしてあげればいいのかを常に考えて臨機応変に行動してあげる気配りが大切です。

産婦人科には奥さん以外の入院している人もいらっしゃいます。
他所を覗き込んだり、うろうろしすぎるのは、迷惑になるかも。

それから、医師や看護師を信頼し、指示に従ってください。
出産は、何が起こるかわからない一大事業ともいえます。
余計なことにまで口を挟まない方がいいでしょう。

また、立会い出産に臨む前に、出産がどう進行するかは、予備知識として知っておいてください。
分娩はどう進行していくか
そのとき、子宮の状態はどうなっているか
陣痛の波はどういう風にやってきて、どう変わっていくか
赤ちゃんは、どうやって出てくるか
妊婦さんが、分娩第一期から第三期にかけて、どうなっていくのかも知っておくといいでしょう。




posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 立会い出産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。