2014年02月01日

分娩第三期以降

赤ちゃんの娩出後、5〜10分程度経過したら、胎盤摘出となります。
娩出後わりとすぐに子宮収縮剤を投与し胎盤剥離を促進します。
なかなか出てこないときには、マッサージをしたり臍帯を引いたりして早く出るようにします。
胎盤摘出までが分娩第三期です。

赤ちゃんも胎盤も無事に娩出したあとは、分娩台の上で2時間ほど安静に過ごします。
この期間が分娩第四期です。

安静が必要な理由は、産後2時間以内に弛緩出血や会陰血腫等のトラブルが起きる可能性があるからです。

・貧血傾向がある
・多胎や巨大児出産
・癒着胎盤があった
こういった人は弛緩出血が起こりやすいので特に注意を要します。

安静に過ごす2時間が経過したら、出産はほぼ無事に終わったとみていいでしょう。



posted by サック at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産本番の心がけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。