2013年12月19日

妊娠末期の抜歯

妊娠38週の方に、親知らずが痛いので抜歯したいが、それで陣痛が始まることはありませんか?と聞かれたことがありました。

もしそうなったら、産科と歯科の先生によく相談して、指示に従ってください。

妊娠中は体の血液の量が増え、赤ちゃんを発育させるように変化しています。
だから、妊娠していない時よりも抜歯の際の出血は少し多いでしょう。
抜歯後に抗生物質を使うようならば、赤ちゃんに害がないものを処方してもらってください。

なお、抜歯の刺激が原因で陣痛が始まるようなことは通常では考えられません。
そこは心配しないで大丈夫です。




posted by サック at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 臨月のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。