2013年10月21日

会陰切開

会陰切開はしたくない
妊婦さん同士の会話の中で、会陰切開ってけっこう話題になるねしょうかね?
会陰切開は、産前に絶対しないと決められるものではありません。
出産の経過で、必要が生じることがある類のものです。
例えば・・・
会陰の伸縮性が悪く、赤ちゃんがなかなか出て来れない場合があります。
また、児頭が大きくて会陰裂傷が避けられない場合もあります。
そういった際には、局所麻酔を行い、切開します。
当然ですが、必要性がないのに切開するような医師はいません。
裂傷と切開のどちらがいい(まし)かは・・・
裂傷よりも切開の方が傷の治りがいいのです。
また、裂傷を伴いながらの時間を掛けた通過よりも切開にしたほうが
分娩第二期の所要時間を短くする事が出来て、赤ちゃんにもママにもよいといわれています。

できるだけ会陰切開はしたくないとの希望を事前に医師に伝えておくのはいいと思います。
でも出産時には、医師の判断を信じてください。



ラベル:会陰切開
posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 帝王切開のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。