2013年06月25日

沐浴後のケア

赤ちゃんをお風呂からあげたら、先ず耳掃除です。
濡れた耳の中の水気や耳垢を綿棒でとってあげてください。
片手で頭を抑えると、やりやすくなります。
綿棒を耳の奥の方まで入れないように注意してください。

次は鼻です。
ごく少量のベビーオイルをつけた綿棒で、鼻の入り口付近を拭いてあげてください。
鼻汁か出ていないようであれば、毎日でなくても大丈夫です。

次は爪を切ってあげてください。
爪が伸びていると、赤ちゃんが自分の顔を引っかいてしまったりします。
2〜3日に1回くらい、こまめに切ってあげましょう。
大人と同様に、三日月型に切ってください。
赤ちゃんの爪は柔らかいので、ハサミでも切りやすいです。


それから、赤ちゃんも湯上りは喉が渇きます。
湯冷ましをあらかじめ用意しておき、上記の作業が終わったら、飲ませてください。
生後1ヶ月を過ぎたら、湯冷ましでなく、果汁でも大丈夫です。



と、ここまでですが、前回書き忘れた事がありました。
生後3週間くらい経過したら、ベビーバスでなく普通の浴槽に入れても大丈夫です。


Facebookページに初めてイイネがつきました。
やっぱり、嬉しいですね。
どうもありがとうございます。ぴかぴか(新しい)


ラベル:沐浴後のケア
posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イクメンパパの育児教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。