2013年06月04日

赤ちゃんが生まれたことの連絡

お友達などから「生まれたらすぐ知らせてね」といわれている人も多いと思います。
御夫婦のご実家への連絡は、パパがすぐ行うのは判断に迷わないと思います。
でも、それ以外の方へはどれくらい経ってから知らせるといいか迷うかもしれませんね。

赤ちゃんが生まれたことの連絡はパパにやってもらいましょう。
ご実家以外にも連絡すべき人がいらっしゃると思います。
特にお世話になった人や親しい人など。
連絡が必要な人のリストは、妊娠中に作ってご主人へ渡しておくと、連絡がスムースに出来ると思います。
ママが自分で連絡するのは、歩けるようになってからがいいと思います。
今は携帯がありますから、公衆電話まで歩いていかなくても電話をかける事が出来ます。
でも、連絡をもらった人はお見舞いに行きたくなります。
疲労が回復していない状態で、何回もお見舞いを受けるのは、かなり苦しいかも。
ですから、かなり親しい人への連絡を優先し、ほどほどに親しい人へは疲労が回復してから連絡する方が無難です。

普段あまり交流がない知人や友人への連絡は体力が戻ってから葉書を書いたという話も聞きました。



ラベル:出産の連絡
posted by サック at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 入院生活のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。