2013年05月16日

新生児の湿疹

新生児と暮らすママには疑問や不安がいろいろあります。

鼻の頭などに白いボツボツができた。
頭に黄色いかさぶたができた。
頬に赤い湿疹が出た。

こういったことで、沐浴の際には石鹸を使わないほうがいいのでは?と聞かれる事があります。

沐浴の際には石鹸をよく泡立てて手につけて洗ってあげる事が肝心です。
ゴシゴシこする必要はありません。


鼻の頭などに出来る白いボツボツは鼻皮腺といいます。
これは、脂腺が肥大したものです。
頭に出来た黄色いかさぶたは脂漏性湿疹といいます。
これは脂肪分がこびりついてかさぶた状になったものです。

いずれも、丁寧に洗っているうちに治るケースが多いので、心配しすぎる必要はないと思います。

赤い湿疹はアトピーでは?と心配されるママもいらっしゃいます。
この場合は、新生児特有の中毒痣であるケースが多いようです。
そうであれば、数日経てば自然と消えていきます。


ただ、発疹が出て熱もあるときは、ウィルス性感染も疑う必要がありますから、診察を受けたほうがいいでしょう。


ラベル:新生児の湿疹
posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃんの体のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。