2013年02月09日

赤ちゃんの目

人間の赤ちゃんが立てるようになるのは、生後1年くらい経ってから。
他の動物と比べて未熟です。
でも、何も出来ないのかというと、そうではありません。
例えば視覚。赤ちゃんはお腹にいるときから、光は判ります。
生まれた時から、目は見えています。
ただ、うまく焦点を合わせる事が出来ません。

赤ちゃんに手を振ったけれど反応がないと心配される方がいらっしゃいます。
これ、赤ちゃんは見えてはいるんだけど、それが何か判らないから反応しないと思ってください。
「怖いもの」でもないから、まばたきをするわけでもない。

赤ちゃんの目の焦点が合うのは、20〜40cmあたりといわれています。
この距離は、赤ちゃんを抱いておっぱいを飲ませる際のママの目の位置くらいです。
ですから、授乳の際に赤ちゃんの目を見てあげれば母子のつながりが深まります。

赤ちゃんの視力は生後3ヶ月目くらいには、いろいろなものを目で追うようになります。
視力が1.0くらいになるのは、生後6ヶ月後くらいだといわれています。


ラベル:赤ちゃんの目
posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 赤ちゃんとの暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。