2013年01月25日

腎盂炎

40度近い高熱が出て、急に寒気と震えにおそわれ、肝臓の後ろ辺りが重苦しく痛い場合は腎盂炎の疑いがあります。
疑わしいときは尿検査を受ければすぐ判ります。
尿が濁り、尿中に細菌が検出されます。
膀胱炎を併発しているケースが多く、腎臓部や尿管に沿ったあたりの腰の脇が痛くなります。
腎盂炎も膀胱炎も大腸菌の感染でよく起こります。
排便後は必ず前から後ろへふきましょう。
産後は特に膀胱の細菌が腎盂の方へ上がって行きやすい状態にあります。
トイレを我慢しない事が、予防の第一です。



ラベル:腎盂炎
posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産後の産褥期のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。