2013年01月14日

妊娠中毒症後遺症

妊娠中に中毒症になってしまっても、多くの人は出産後は症状が消えていきます。
しかし、高血圧やタンパク尿などが残る人もいらっしゃいます。
こうなった場合は、妊娠中と同様に、安静に努めて食事療法を続ける事が大切です。
(塩分控えめ・高タンパク摂取)
後遺症の自覚症状としては以下のような症状があります。
頭痛・むくみ・だるさ・目がチラチラする・尿の出が少ない
頭痛は不眠などでも起こるのですが、血圧上昇も考えられますから注意してください。
産後の1ヶ月検診でタンパク尿が見られた場合は、肝臓機能の検査を受けることになります。
産後は赤ちゃんの世話で疲れやすい時期です。
疲労の蓄積hが回復を遅らせる要因にもなりやすいのです。
赤ちゃんが眠っている間などに時間を見つけてお母さんも休養をとってください。



posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産後の産褥期のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。