2013年01月11日

胎盤遺残

出産時には赤ちゃんに続いて胎盤も出てきます。
胎盤が出ると子宮は強い収縮を始めます。
胎盤が剥がれた後の出血を止めるためです。
胎盤が全てきれいに出てしまう事ができずに一部が子宮に残ってしまうと、あとから少しずつ剥がれたり、感染を起こして異常出血・下腹痛・発熱などを引き起こす事があります。
産後1ヶ月以上も残っていたのが突然剥がれて出血する場合もあります。
子宮の回復を妨げることにもなりますから、かたまり状の悪露や突然の出血があった場合は、すぐに受診してください。



ラベル:胎盤遺残
posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産後の産褥期のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。