2012年12月18日

悪露の変化について

悪露は胎盤が剥がれた後の分泌物や血液などが混ざったものです。
悪露の変化の目安は以下のとおりです。(個人差があります)
<産後2〜3日>
赤色悪露。血液性のおりもので、量も多い。
<産後4〜7日>
褐色悪露。徐々に色が薄くなり、量も少なくなってくる。
<産後10日前後>
黄色悪露。血液が殆ど混じらなくなる
<産後3週間ごろ>
白色悪露。白色の正常なおりものになる。

悪露は産後の体の回復の一つのバロメーターになります。
ですから、悪露の様子によく気をつけてください。
急に出血量が増えた、血のかたまりが出る、腹痛や発熱を伴う 等の症状があれば、すぐに受診してください。



posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産後の産褥期のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。