2012年11月28日

緊急帝王切開  〜臍帯の異常

今は、分娩監視装置で赤ちゃんの心拍をモニタリングしていれば、何かトラブルが発生した際にも、すぐ適切な処置が行えます。
出産開始までは順調だったのに、急にトラブルが起きて・・・ということもかなり減ったのではないかと思います。

今日は、胎児仮死になる原因の一つである臍帯の異常について書いてみます。

出産では、臍帯が赤ちゃんのあとから出てくるのが一般的です。
ところが、臍帯が赤ちゃんより先に出てきたり、母体の骨盤の間にはさまって圧迫されたり、途中でからまってしまう事があります。
臍帯は、胎盤を通して赤ちゃんへ酸素を送っている大事なルートです。
それが遮断されると、赤ちゃんは窒息して重症仮死になってしまいます。
こういう事態の際には、赤ちゃんをはやく出さないといけませんので緊急帝王切開になります。



posted by サック at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 帝王切開のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。