2012年11月12日

感染症

感染症がある場合
赤ちゃんへの産道感染が心配されるような感染症にお母さんがかかられているケースがあります。
この場合は帝王切開を行い、子宮から赤ちゃんを直接取り出して、病気の感染を防ぐことになります。


前回が帝王切開だったケースでの出産の場合
前回が帝王切開となった原因次第では、次回も必ず帝王切開とは限りません。
前回の手術でできた子宮壁の傷が伸びて薄くなっている場合は、
子宮破裂が起こることを警戒して帝王切開することもあります。

予定帝王切開になるケースはこれくらいかな。
後日、緊急帝王切開になるケースについても書いてみます。


posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 帝王切開のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。