2012年11月04日

前置胎盤

胎盤は子宮の奥のほうにあるものです。
それが子宮の出口を塞ぐように位置している場合を前置胎盤といいます。
子宮口をおおうような位置にあるものを全前置胎盤と呼びます。
子宮口が少し開いただけで大出血になるので、この場合は帝王切開になります。
前置胎盤の主な症状は出血で、下腹部の痛みはあまりありません。
最近では超音波診断で、妊娠の早い時期から前置胎盤がわかるようになりました。
前置胎盤と診断された場合、出血をみたらすぐ入院するように指示されると思ってください。



posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 帝王切開のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。