2012年11月02日

重症妊娠中毒症

今日は、予定帝王切開になるケースの、重症妊娠中毒症について述べてみます。

妊娠中毒症になってしまうと、普段でも血圧が高くなります。
出産直前に陣痛がつきだすと、ますます血圧が上がり、ケイレン発作を起こす事があります。
こういう状態になってしまうと、呼吸困難や心臓衰弱なども起こる可能性があります。
母体はもちろん、赤ちゃんも危険な状態に陥りかねません。
症状が重く、母体や胎児に危険があると判断された場合には、帝王切開に踏み切ります。


ところで、ブログを始めて、今日で一周年です。
これが183話め。平均すると2日に1回くらいのペースになってます。

次の1年は・・・
無理せず100話くらい書いていこうかな?
クリニックの食事が美味しいから、それを載せていこうかな?
それとも、医療と関係ないけど、玉名や荒尾や山鹿の地域のことを書いていこうかな?
そんなことをいろいろ考えてはいますが、無理せずに時々休みながらぼちぼちと続けていきます。
今後とも、よろしくお願いします。


posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 帝王切開のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。