2012年10月09日

帝王切開の比率のこと

厚生労働省の「医療施設の動向」という統計を見ました。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/hoken/national/dl/22-03.pdf
この統計によると、帝王切開の比率は年々増加傾向にあるそうです。
平成20年の帝王切開の割合は、病院23.3%・診療所13%となっています。
病院で出産した人の5人に1人、診療所だと8人に1人は帝王切開したということになります。
全ての出産した人のなかで帝王切開だった人の割合は、15%を超えているのでしょうかね?

うちでは開業以来の出産記録を綿密に残しています。
その記録から確認したところ、うちで出産された方の帝王切開比率は7%でした。
14人に1人。
これって、なかなかいいんじゃないかな。手(チョキ)
自然分娩になるように心がけて患者さんと接して、これからも帝王切開をなるべくやらなくてすむ診療を実践していきます。

帝王切開のことも、いつかブログに書いてみましょうかね。



posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。