2012年10月01日

授乳中のダイエット

出産後の授乳中にダイエットしても母乳に影響しないかと質問されました。

その人の今の体重や体調に応じて、其々異なるのですが・・・
一般的には妊娠中の摂取カロリーに抑えておけば大丈夫かと思います。
母乳の出をよくするには、カロリーを摂るよりも、母乳のもとになる栄養をしっかり摂ってください。
タンパク質・ビタミン・ミネラル等が有効です。

産後1〜4週の人体は自然と痩せる方向へ向かっていく傾向にあります。
痩せるチャンスともいえます。
でも、お産で体力を消耗しているからか、ついつい食べ過ぎてしまう傾向にあるようです。
母乳を出すためという口実でくれぐれも食べ過ぎないように注意してください。
産後は安静にしている分、カロリーは減らすべきでしょう。
また、授乳に必要なカロリーは、妊娠前プラスの700kcalという説があります。
これは、最もよく授乳できる時期の泌乳量であり、1日850mlを基準にした数値です。
これだけの量の母乳が出るのは、ふつう産後2ヶ月め以降。
出産直後からこれだけカロリーを摂っていたら、痩せるどころか太ってしまいます。

それからもうひとつ。
妊娠中の体重増加が多すぎた場合は、その分のカロリーも差し引いて考えてくださいね。



posted by サック at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 産後の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。