2012年09月06日

難産は遺伝するか

太りすぎや骨盤が狭いために難産になるケースがあります。
だから、難産が遺伝するといわれるのでしょうかね。
たしかに、体形や骨格などが、お母さんと娘さんでよく似ていらっしゃるのは多々あると思います。
でも、赤ちゃんの額が小さければ、骨盤がたとえ狭くても障害にはなりません。
反対に骨盤が広くても、陣痛が弱いと長引くお産になることがあります。
今は分娩監視装置などにより、お腹の赤ちゃんの様子がすぐわかるようになっています。
何かあれば、すばやく適切な処置をとれます。
妊娠の経過が順調であれば、遺伝するかどうかは、深く気にする必要はないと思います。




ラベル:難産
posted by サック at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出産時の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。