2012年07月24日

体中がかゆくなる


妊娠中は新陳代謝が活発だしホルモンの影響もあるので皮膚のトラブルに悩まされる人も少なくありません。
妊娠中に起こる皮膚病として、妊娠性皮膚掻痒症があります。
これは妊娠で肝臓に負担がかかるのが原因といわれています。
妊娠初期から全身にかゆみが生じます。
治り難いのですが、出産後は自然と治っていく事が多いようです。
あまりひどいようであれば、医師に相談して適正に処方してもらいましょう。
症状に効果的な薬の中には、妊娠中にはあまり使わないほうがいいようなものもあります。
市販薬で済ませずに、産科で正しく処方してもらってください。

そこまで重い症状でなくても、皮膚トラブルになったら、皮膚を清潔に保ち、強い紫外線や冷たい風に当たらないようにする等、スキンケアを十分行ってください。



posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠後期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。