2012年07月19日

外陰部の静脈瘤ができた

静脈瘤をこれ以上悪化させないために、下半身の血行をよくするように心がけてください。
長時間立ち続けない
就寝時等、横になるときは足を高く上げる
入浴時のマッサージや適度な運動も有効です。

静脈瘤は静脈が膨らんで瘤のようになったものやこぶにまではなっていないけど膨らんで蛇行しているようなものをいいます。
筋力が弱い人がなりやすい傾向があります。妊婦さんの2割超にみられる気がしています。
初産でそうなった場合、妊娠のたびに出ることが多く、症状もひどくなりがちです。
子宮が大きくなるにつれて血管が圧迫されます。
それで血行が悪くなり、静脈が拡張することが原因です。
また、妊娠によって増える黄体ホルモンが静脈壁の緊張度を下げるために静脈が拡張するとも言われています。
それと妊娠で増えた血液が子宮に集まり骨盤内の静脈が充血することも一因でしょう。

静脈瘤が外陰部にできても出産時に破裂して大出血することは、めったにありません。
会陰裂傷で傷ができると多量出血することはありますが、上手に縫合してもらえば大丈夫です。

稀にですが、出産後に静脈瘤のあたりが痛んだり熱を持つことがあります。
産後3日頃までに起きやすいので、症状が見られたときはすぐ医師に相談してください。

静脈瘤の多くは産後半年くらいで自然と消えていきます。



ラベル:静脈瘤
posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠後期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。