2012年07月09日

妊娠後期にダイエットして、赤ちゃんは大丈夫か

実は、油断などが原因で妊娠後期に急激に体重が増えてしまう方は、少なくないんです。
限度以上に体重が増えてしまった場合はダイエットして、これ以上体重が増えないように、できれば少し減らすようにしたほうがいいのです。
太ったことで皮下脂肪は十分蓄えられています。
摂取するカロリーを減らしても蓄積された脂肪が代謝されてタンパク質等の栄養になって赤ちゃんへ届きます。
ですから、赤ちゃんが栄養失調になるのではとの心配は不要です。
それよりも、太りすぎによる妊娠中毒症などの発病のほうが心配です。
お産の際にも、微弱陣痛などのトラブルを起こしやすくなります。

あくまでも限度以上に太ってしまった場合にはダイエットが必要なのですが、その際には、医師や栄養士の指導の下に栄養のバランスは崩さないように留意してダイエットしてください。




posted by サック at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠後期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。