2012年05月25日

アレルギーは遺伝するか

気管支喘息やアトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎などに悩む子供が増えているといわれています。
その原因は、遺伝的なものもあれば、社会的に汚染物質が増えたことやストレスが増えたことにも大きな関係があるといわれています。
しかし、妊娠中の食事に注意することで、生まれてくる子をアレルギーから守ったり症状を軽くすることができるという説も報告されたりしています。

胎児にアレルギー抗原ができる妊娠6ヶ月以降に、アレルギーの原因となる食品を控えることが有効と、一般的にいわれています。
この場合の控えたい食品の代表的なものは、牛乳・卵・大豆製品の3つです。
これらを連日食べない、一度に大量に摂取しないようにするだけでも、多少の効果は期待できるようです。



posted by サック at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠中期の不安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。